9:00~18:00
日・祝祭日
2016年12月17日
コラム

上水道管からの水漏れは敷地内でも費用が掛からない場合がある

建物敷地際で上水道管から地面に水がにじみ出ていた

 

とある物件の周辺住民の方から連絡がありました。

 

内容は、「前回、雨が降ってから数日経つのに、いつまでも敷地際の道路に水たまりがある。そばの敷地内の排水枡が溢れてるんじゃないの?」というものでした。

 

いつまでも乾かない水たまり

 

結果は「上水道管の損傷による水漏れ」でした。

そして、損傷部位によって費用の負担者が変わります。

 

 

|連絡受けた当初は汚水の溢れを想像した

さっそく現場に行くと、確かに水たまりがありました。

 

しかし、水たまりの水は濁りもなく、臭いも無かったので、「排水ではないな」と当たりをつけましたが、念のため排水枡の蓋を開けて確認。

やはり、詰まっているどころが、キレイそのものでした。

 

溢れているか確認した汚水桝

 

そこで、今度は上水道を疑い、水道局へ連絡・調査依頼を行いました。

 

1時間ほどで担当者が現場に到着し、確認してもらったところ、水道メーターよりも、本管側で水漏れしていることがわかりました。

 

その後、水道局側で工事業者を手配し、工事開始。

1時間半ほどで工事完了しました。

 

上水道管からの水漏れを修復中

 

工事時間中、弊社管理物件は断水となりましたが、これまであった水たまりはすっかり乾いていました。

 

上水道管からの水漏れの修復跡

 

|敷地内であっても損傷部位によって費用負担者が変わる

今回はギリギリ敷地外の水道管の損傷による水漏れでした。

これが、水道メーターから先の水道管で漏水が発生していた場合、建物所有者が費用負担をして修理することになります。

 

敷地内であっても、水が溢れている場合は、水道局へ連絡すると一応の調査をしてくれます。

さらに、敷地内でも、水道メーターよりも本管側の場合は、水道局の方で修理・工事を行ってくれます。

 

近所の道路でいつも水たまりになっていたり、湿っているなどの場合には水道局へ連絡すると、水道管の損傷の有無がわかります。

仮に、水道管の損傷だった場合は、修理することで大切な水資源が無駄になることを防止できますね。

 

by 大丸商事 長谷川浩一

arrow_upward