9:00~18:00
日・祝祭日
2017年08月25日
コラム

国立市の家庭ゴミが有料化(2017年9月1日から)

とうとう国立市でも平成29年9月1日(金)から家庭ゴミの有料化が実施されます。

隣接する自治体が次々とゴミの有料化を実施する中、排出量の削減を目指し、やむなく無料収集を廃止するようです。

 

有料化する家庭ゴミは3種類

有料化といっても、すべてのゴミが有料になるわけではありません。

資源化の難しい「可燃ごみ」「不燃ごみ」、そして不適物混入の多い「容器包装プラスチック」が有料化の対象になります。

 

料金は、最寄りの販売店で有料袋を購入することにより支払いとなります。

 

可燃ごみ

可燃ごみは「黄色」の袋です。

大きさ1袋あたりの価格販売価格(10袋1組)
小袋(5リットル相当)10円 100円 
中袋(10リットル相当)20円 200円 
大袋(20リットル相当)40円 400円 
特大袋(40リットル相当)80円 800円 

 

不燃ごみ

不燃ごみは「黄緑色」の袋です。

大きさ1袋あたりの価格販売価格(10袋1組)
小袋(5リットル相当)10円 100円 
中袋(10リットル相当)20円 200円 
大袋(20リットル相当)40円 400円 
特大袋(40リットル相当)80円 800円 

 

容器包装プラスチック

容器包装プラスチックは「水色」の袋です。

大きさ1袋あたりの価格販売価格(10袋1組)
小袋(5リットル相当)5円 50円 
中袋(10リットル相当)10円 100円 
大袋(20リットル相当)20円 200円 
特大袋(40リットル相当)40円 400円 

 

詳細は国立市のホームページへ

家庭ゴミ有料化の直前にある国立市では、ホームページで実施方針や、実施方針に伴うパブリックコメントの閲覧が可能です。

もちろん、「ごみカレンダー」も掲載されています。

 

・国立市公式サイト(家庭ごみ有料化の実施について)

http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/soshiki/Dept05/Div03/Sec01/gyomu/0434/0444/1466905565166.html

 

by 大丸商事 長谷川浩一

arrow_upward