9:00~18:00
日・祝祭日
2018年09月04日
物件の魅力をご紹介

東向きで最上階の「ルビアン玉置 303号室」

立川市錦町4丁目にある「ルビアン玉置」は2駅2路線利用可能な利便性の高い場所に立地。

最上階の303号室は東向きで朝陽が入るので目覚めもバッチリ。

そして間取りは2DKで内訳は「DK7帖・洋室6帖・和室6帖」で広さは「39.60平米」の暮らしやすいお部屋です。

 

2駅2路線が利用可能な立地

「ルビアン玉置」は2駅2路線が利用可能な立地です。

JR南武線の「西国立駅」とJR中央線などが乗り入れる「立川駅」まで徒歩圏内。

 

 

最寄駅はJR南武線の「西国立駅」で、駅まで徒歩7分

南武線の魅力は何といっても環状路線であるがゆえの他路線への接続の多さにあると思います。

南武線に接続している路線は全部で11路線あります。

「中央線・青梅線・多摩都市モノレール線(立川駅)」「京王線(分倍河原駅)」「武蔵野線(府中本町駅)」「京王相模原線(稲田堤駅)」「小田急小田原線(登戸駅)」「東急田園都市線(溝の口駅)」「東急東横線(武蔵小杉駅)」「東海道本線・京急本線(川崎駅)」

これだけの路線と接続していれば、都心であれ郊外であれ行けないところはなさそうに感じますよね。

 

商業施設の充実した「立川駅」まで、徒歩17分

立川駅は多摩地区への各方面へ向かう路線が集約するターミナル駅です。

それを象徴するかのように、JR中央線内では「新宿」「東京」に次いで第3位の乗客数を誇ります。

さらにJR東日本全体で見ても第15位で同じ中央線内で有名な「吉祥寺」よりも人が多い駅となっています。

そして商業施設も充実していて、キャッチコピーで有名な「フロム中武」や安さの殿堂と銘打っている「ドン・キホーテ」もあるので買い物にはほとんど困りません。

唯一駅周辺に無いのは「大きなホームセンター」です。

ホームセンターに関しては残念ながら徒歩圏内にはありませんので、カーシェアなどを利用して昭島の「カインズホーム」を利用するか、もう少し足を伸ばし瑞穂の「ジョイフル本田」を利用すると良いでしょう。

 

そしてかつては基地の街だったこともあり、多摩地区の歌舞伎町と呼ばれるぐらいに夜の飲食店が多いのも特徴です。

 

お部屋の中は落ち着いた雰囲気

 

ルビアン玉置の立地環境もそうですが、室内も落ち着いた雰囲気で、間取りは和室のある2DKです。

フローリングの洋室と、畳のある和室があり、いずれも東向きで朝から明るい陽射しが差し込みます。

畳のお部屋は小さいお子様がいる家庭には、意外と便利な床材になっています。

寝転がれるし、ハイハイをしても安心です。

お子様だけでなく、大人もゴロンと寝転がってくつろぐことができる魅力は畳ならではだと思います。

 

そのほかキッチンも窓があったり、換気扇もレンジフードタイプでお手入れが簡単だったりと、生活していても便利な仕様になっています。

また、水栓もワンレバータイプの混合栓で湯水の素早い切り替えが片手でできます。

お料理など水仕事を効率よくしてくれそうです。

 

そして、浴室は「自動お湯張り機能」付きのオートバスです。

スイッチひとつで丁度よい湯加減に仕上げてくれる「自動お湯張り機能」はかなり重宝する機能です。

ユニット式の浴室で掃除も簡単です。窓もあり換気もしやすいお風呂があります。

 

 

「ルビアン玉置 303号室」の詳細は下記URLからどうぞ。

360度画像もありますので、ぜひご覧ください。

https://daimaru-syoji.co.jp/chintai/129/

 

大丸商事有限会社

 

arrow_upward