9:00~18:00
日・祝日
2019年02月16日
コラム

トイレが詰まったら

トイレが詰まることは珍しくありません。

もしトイレが詰まったらどうしたら良いのでしょうか。

無理に水を流して解消しようとするのはオススメできません。

まずは状況を見極めるところから始めましょう。

 

まずは水の流れを確認

いざトイレがつまると気持ちが焦ると思います。

ここでやってしまいがちなのは、無理やり水を流すことです。

流れないところへ水を流すと、当然ですが便器に水が溜まります。

場合によっては溢れ出て階下へ迷惑をかけることにもなりますので、水の流れだけで解消しようとするのはひとまず諦めましょう。

 

ここで必ず確認したいのは、時間の経過とともに便器内に溜まった水が少しずつでも排水されているかどうかです。

しばらく見て、便器内の水位が下がるかどうかを確認しましょう。

少しずつでも下がるようであれば比較的解消がしやすい状態です。

全く水の状態に変化がない場合は専門業者へ依頼することも念頭におきながらの対処が必要かもしれません。

 

必ず「ラバーカップ」を使う

トイレの詰まりを解消するときに必ず必要となる器具「ラバーカップ」。

一般的には「スポイト」や「ポコポコ」「ペコペコ」などと呼ばれていて、人によっても呼び方にバラつきのある器具です。

ラバーカップにも種類があるのですが、ここでの解説は省略します。

トイレ詰まりの原因はいろいろと考えられますが、一般的なのはトイレットペーパーの流しすぎではないでしょうか。

トイレの流す力を超えた量のペーパーを流すと途中で止まってしまい。流れが悪くなり、やがて詰まってしまうことがあります。

突発的に詰まった場合は便器内構造の部分で詰まっている事がほとんどで、この場合は「ラバーカップ」が活躍します。

ラバーカップは水がある程度溜まっている状況でないと効果が得られないのですが、水を溜めるためにトイレのレバーを回して洗浄用の水を流すのはやめたほうが良いです。

バケツやヤカンなどを利用して量が調整できるような状態でラバーカップが使える状態の水量を確保しましょう。

 

そして押す引くを繰り返しましょう。

ちょっとしたペーパーの詰まりであれば大抵は解消すると思います。

 

それでもダメな場合は専門業者へ依頼したほうが良いと思います。

 

無理に水で解消しようとしたら階下へ漏水

家主様の自主管理の物件でトイレが詰まり、それでもトイレタンクの洗浄水を使って解消しようとしたために、便器内から水があふれ階下へ水漏れをさせてしまうという事例がありました。

トイレが詰まったこともそうですが、家族と一緒に住んでいると、その家族にも迷惑を掛けたくない一心で気持ちが焦るのはよく理解できます。

しかし、焦って水を流して解消することは少ないと思います。

この事例では階下への補償は保険で対応することができましたが、無理に水を流したことで被害が拡大したことは否めません。

トイレの詰まりはいつ誰に起きてもおかしくないものですので、「ラバーカップ」を買っておくと良いかもしれませんね。

 

by 大丸商事 長谷川浩一

 

arrow_upward