9:00~18:00
日・祝祭日
2018年06月04日
コラム

共同住宅のゴミ問題

管理をしている中で、悩ましい問題のひとつに「ゴミの無分別」があります。

ちゃんと分別して指定のゴミ袋に入れて出してくれればよいのですが、してくれない人がいます。

外からの投げ込みであれば、ある意味で良いのですが。

 

片付けても、すぐに

とあるアパートのゴミ置場。ボックス型のゴミ箱が設置してあります。

入居者の入れ替わりも無いのに、突然ボックス内に回収されないゴミが溜まるようになってきていました。

入居者の入れ替わりがあると、まだルールに慣れなかったりして回収されないゴミが出てくることもありますが、その際はお引越ししてきた入居者へのフォローなどで解決することが多いです。

ところが今回は、回収されるように分別して、有料袋に詰め替えたのですが、2週間後には元通り。怒りを覚えます。

しかも、入居者の入れ替わりは無し。

思い当たる原因はいくつかありますが、じっくり、かつスピーディーに原因の特定はしていきたいと思っています。

 

ゴミボックスの場合、フタを閉めてしまうと見えなくなるので、無分別のゴミは他人事になりやすいです。

 

原因の特定には一定の時間が必要

毎回、ゴミの問題には頭を抱えます。

なぜならば、根源を探すのに時間がかかる場合があり、本当に解決するのかわからないまま突き進むことが多いからです。

対策も、投げ込み(外部)からのゴミなのか、入居者が出したゴミなのかのによっても変わりますが、外部からのゴミの方が解決はしやすいように思います。

入居者のゴミの場合は、根気よく注意喚起を行いながら特定作業を進めて行きますが、わざわざ特定できないようにしていることも珍しくありません。

でも、正直そんな細工に労力をかけるのであれば、分別に労力をかけたほうが精神的にもラクだと思うんですけどね。

 

それから、今回の場合もそうですが、単身アパートの場合、突然にゴミ問題が出てくる場合があります。

考えられる原因は、入居者の生活スタイルが何らかの要因で変化してきている可能性があります。

また、入居者本人に変化は無いものの、入居人数が変化していることもあります。

いわゆる「転がり込み」です。

半同棲や同棲状態になり、ゴミルールを知らない人がゴミを出すようになるとゴミ問題が発生する場合があります。

単身者向け建物の場合は、騒音苦情も一緒に出てくることがありますので適切に対処したいですね。

 

by 大丸商事 長谷川浩一

 

arrow_upward