9:00~18:00
日・祝祭日
2018年11月05日
コラム

プラごみ回収が厳しくなった?

立川市は家庭ごみの有料化が実施されています。

しかし、プラスチックごみは無料となっています。

また、再資源化ができるペットボトルももちろん無料です。

しかし最近、無料回収を行うゴミに関して、回収する基準が厳しくなった、というか本来の基準を厳格に運用しているみたいです。

 

今まで回収されたゴミが回収されない

プラスチック・ペットボトル両方に言えることですが、立川市が案内をしている家庭でのごみ処理方法をしっかりを行わないと回収してくれません。

住民の中には「これまでは回収してくれたのに」と言う人もいます。

確かにこれまでは収集員の人が持って行ってくれたこともあるかと思います。

しかしそれは「仕方がない」という大甘な行政サービスだったのでしょう。

最近は適正な処理が行われていないゴミは貼紙がされてゴミ置場に置いていかれます。

確かに最近、ゴミ置場がいつもキレイな管理物件でも、入居者変更が無いのに、プラゴミやペットボトルが残されるケースがあり、少し不思議に思っていました。

では立川市が言う家庭での処理はどのようなものでしょう。

 

プラスチックごみ

このプラスチックごみには、コンビニやスーパーで買ってきた弁当の容器も含まれます。

また、純粋にプラスチックのみがプラスチックごみとなります。

立川市からの案内で中心となるのは次の2点です。

  1. 必ず汚れは取り除いたり、水で洗いでください。
  2. プラスチック以外の材質のもの(金属等)は外してください。

 

一見簡単なようですが、正直面倒ですし、大概弁当の容器などは紙製のシールラベルが貼られているので、それも本来は取り除く必要があります。

 

ペットボトルごみ

ペットボトルは比較的簡単です。ですので、しっかりと処理がされていないと回収してくれません。

こちらも立川市からの注意点は大きく分けて次の2点です。

  1. キャップ・ラベルは必ず外して、中を水できれいにすすいでください。
  2. 工作などで切ったり汚したりしたものは燃やせないごみとなります。

 

この他にも潰し方があります。

折り曲げるように潰すと再資源化ができないみたいです。

ですので、折り曲げるように潰されたペットボトルも回収してくれません。

 

そのうち慣れます

立川市のゴミ回収の最大のポイントはプラスチックごみは「無料」という点です。

家庭ごみの有料化が実施されている近隣他市ではプラスチックごみも有料になっているところが多いので、立川市民は少しお得です。

けれども、回収基準は厳格に運用されつつありますので、立川市の案内に沿ったゴミの出し方をする必要があります。

正直申し上げて、なかなか面倒なところが多いと思います。

しかし、1ヶ月程度何とか頑張れば慣れてくるものです。

しかも立川市には「ゴミ分別アプリ」なる強力な助っ人がいますので、スマホを利用する方であれば、ぜひ活用をしてみて欲しいと思います。

 

by 大丸商事 長谷川浩一

 

arrow_upward